中本工務店 ソーシャルメディア:

  • Facebook Clean
  • Google+ Clean
  • Flickr Clean

© 2023 by Nakamoto Carpentry.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

ハウッカランピ

 リンク先の地図はヌークシオ国立公園のごく一部ですが、ほぼ真ん中、P(駐車場)マークが”心臓部”といわれるハウッカランピ。ここを基点に一般ハイカー向けには5つのコースがあります。そのうち以下の1~4が周回コース(出発地点に戻る)で2~7.5km。5は別地点に移動しますが、ルートはしっかりと整備されているので安心です。経験者向けにはこのほかのヴァリエーションもありますが、日本人観光客の95%(当社調べ)が1か2を選びます。同コースはナイトハイキングにも最適です。

 

 1 コマドリ 2km

 2 鷹の道  4km

 3 ワタリガラス  7.5km

 4 ヤツメウナギ  2km

 5 南下コース   8.5km

ハイキング・スタート

 エスポーからのバスをハウッカランメンティエで降りるにしても、ホグバッカまで行くにしても、メインのハイキングコースはこの駐車場から始まります。

 この写真ではわかりづらいですが、ここまで来れば進む道はひとつですから、そのまままっすぐ歩けばOK。200mほど先にガイド小屋があります(写真下左)。5~9月は毎日午前10時から午後6時までオープン。昨年までは博物館だった建物を改装。カフェを兼ねたガイド小屋に生まれ変わりました。サウナやレンタルカヌーなどの受付も同所で行なっています。

 トイレやガイド小屋などの対面に広がるのがハウッカランピ(鷹の沼・写真下)。この辺一体の地名にもなっています。前記5コースのうち、ヤツメウナギコースを除く4つここから前進。ヤツメウナギコースは道を隔てた反対側です。 

かつてのガイド小屋は予約制

のサウナに変身。

写真左。真ん中の建物がカフェ兼ガイド小屋。カヌーやMTBのレンタルもできる。

 

コマドリコース(Punarinnnankierros)

 なぜここがコマドリの(Punarinnan)コースと名付けられたのか。その真相は誰も知らないようですが、赤コースとして親しまれています。駐車場付近から立ち木に3色の道しるべが設置されており、そのうちの赤に従って進むためです。全長2キロ。高低差もほとんどなく、子供から高齢者まで楽しめます。日本人観光客にとってヌークシオといえばココと言って間違いありません。

 

25~30メートル間隔で現れる道しるべをたどれば迷うこともない。

映画「かもめ食堂」のポスター撮影が行われた小島がガイド小屋の向かいに。

歩きはじめて約10分。焚火場の前に広がる二つ目の湖。

鷹の道(Haukankierros)

 全長4キロ、通称青コース。最初の10分はコマドリコースと同じ道ですが、薪置き場を右折、ちょっとした急坂を上りきるとここにも焚火場があり、眺めもなかなか。ここから森に入りこみますが、道しるべがほぼ20メートルごとにあり、ルートもはっきりしていますので、迷うことはないでしょう。多少の上り下りを繰り返し、岩場などもあるのでトレッキング気分を味わえます。

 

急坂を上りきったところの焚火場は湖を眺め下ろすにも格好の場所。

だんだんと森の奥に入っていき、トレッキング気分が堪能できる。

ややコースを外れるが、湖を一望できる高台はメインポイント。

ワタリガラスの道(Korpinkierros)

 全長7.5キロ。黄色いマークが目印。途中までは青コースと同じルートですが、焚火場を越えて湖の縁まで行ったら左折。分岐点にある道しるべでHaukankierrosに従って行きます。明るい山道、ちょっとした渓谷に加え、大小あわせて11個の湖を通るのも魅力。足に自信のある人なら3時間もあれば十分ですが、自力で行く場合、バス停往復の4キロも忘れないでください。南下コースにしたほうが楽ではあります。

明るく広い山道をたどって計11個の湖を巡ることができる。

赤・青コースを裏側から覗き見るような感じ。別視点が楽しい。

周遊コースをたとらず、まっすぐ南下して別のバス停に行くこともできる。

 

南下コース

 

ホグバッカから入れば全長8キロちょい。ハウッカランメンティエ起点でもプラス500m程度。ハウッカランピの駐車場から前述の赤・青コースの一部を経てそのまま南下。4キロほどワタリガラスの道(黄色コース)と同じ道をたどり、シーカランタ(Siikarranta)もしくはシーカニエミ(Siikaniemi)の道しるべが出てきたらそれにしたがいます。つまり、厳密にいうと南下コースのゴールは2つあるのですが、いずれもハイキング終了地点にバス停があるのがポイント。赤・青コースよりは長く、ワタリガラスの周瑜コースよりは短いといった距離。後半は他のコースにない荒廃した雰囲気に触れることができます。景観的には青コースにやや劣りますが、たっぷり歩いた満足感を味わえるでしょう。

ヤツメウナギの小径(Nahkiaispolku)

 

 全長2キロ。スタート地点は駐車場ですが、上記3コースとは異なり、山側の階段を上っていきます。すなわち、ガイド小屋とは反対方向です。ここもルートは整備されており、湿原や小川に沿って設置された木道を歩くのは楽しいのですが、ハイキングの魅力としては今ひとつ。ヌークシオを何度も訪れる機会がある人でなければおすすめはしません。コース名の由来は、かつてここの小川にヤツメウナギ(nahkiainen)が生息していたため。モモンガの巣が多い(おそらくヨーロッパ最密)ことでも知られていますが、素人に見つけることはできないでしょう。

余談ですが、ヤツメウナギは現在、Valkolampi(赤コースで見れる湖)で確認されたそうです。これもまた高度な専門家でなければわかりませんね。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now