中本工務店 ソーシャルメディア:

  • Facebook Clean
  • Google+ Clean
  • Flickr Clean

© 2023 by Nakamoto Carpentry.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

ルーッカー(Luukkaa)

 ヘルシンキ中央駅からバス一本で40~45分。バス停を降りたらすぐに森林散策ができる手軽さが魅力。外国人旅行者にはほとんど知名度はありませんが、ヌークシオ国立公園に劣らぬ森林美にあふれた自然保護区として地元の人に愛されているのがルーッカー。周囲全域を併せると900ヘクタールの広さになりますが、その中でも静かな森歩きを楽しめるカイタランピ周辺を紹介します。

カイタランピ(Kaitalampi)

 ヘルシンキ中央駅の西口(Elielinaukio)、中央郵便局の向かいにある23番乗り場(写真下・左)から345番バスに乗ります。目的地はカイタランピ(Kaitalampi)ですが、その停留所は写真下・中のごとし。初めての訪問でわかるわけがありません。

 

 そこで乗車時に運転手に行先を告げるのが定番ですが、途中で運転手が変わったり、そもそも運転手自体が場所を知らないこともあるので、個人で行くにはちょっとハードルが高いかもしれません。ここまでの乗車時間は約45分。

 また、345番のバスは一時間に一本。行き・帰りともに時刻表を確かめておきましょう。

行き・ヘルシンキ発

https://reittiopas.hsl.fi/linjat/HSL:2345/aikataulu

帰り カイタランピ発

https://reittiopas.hsl.fi/linjat/HSL:2345/aikataulu/HSL:2345:1:01

(出発点のボックスからKaitalampiを探してください)

なお、行きはともかく、帰り(カイタランピ発)は時刻表の5分くらい前には停留所にいたほうが無難です。帰り(ヘルシンキ行き)のバス停は降りた場所のはす向かい、写真下・中の左手前にあります。

 

カイタランピ(ルーッカー)のハイキング地図は、写真下・右。クリックで拡大pdfファイルが入手できます。

まずはハルコランピへ
ハルコランピの入り口

 無事にカイタランピ停留所に着いたら、下車した方向(北)の林に入り、ハルコランピ(Halkolampi)を目指します。地図の左側、真ん中よりやや上です。駐車場を超え、森の中を500メートルも歩くと湖が目に入ってきます。

 

その先に写真左のようなたき火場、その手前にはトイレもあります。ここからは興味・体力に応じてコースを選べますが、周遊ルートなら2キロもしくは7~8キロのいずれか。工夫をこらせば3~4キロのハイキングにすることもできます。

丘の上から湖を眺める

 ハルコランピ(Halkolampi)ハイキングコースの入り口。ぬかるんだ湖畔に置かれた木道は整備不十分で、一部、足元に不安を感じる箇所があります。とはいえ、踏み外しても靴が汚れる程度です。そこを抜けるとちょっとした高台に通じているので、湖を一望することができます。

 湖の一周コースは約1.5km。 

カイタランピへ

 

 ハルコランピを一周。湖畔の焚火場で休憩した後はカイタランピ(Kaitalampi)に足を延ばしましょう。

 焚火場前の小道を南方向に直進。来た時とは若干異なるルートをたどり、バス通りの下をくぐると大きな湖が広がります。

 ルート左手には丘に通じる小径もありますので、そこに登るのもいいでしょう。300メートルも歩くと桟橋が。その近くにも焚火場があります。

カイタランピは全長1.3キロメートル。一周することもできますが、道は無いも同然なので覚悟の上で挑んでください。

一般的にはこの桟橋あたりで展望を楽しみ、バス停に戻るのが無難です。同地は釣り人に人気の場所で、ニジマス、カワカマス、ブラウントラウトなどが生息(放流含む)していますが、釣りをするには入漁料が必要です。

 

まとめ

地域区分としてはヌークシオには含まれないとはいえ、距離的にはわずか2キロ離れているだけ。しかもヌークシオ以上にフィンランドらしい森と湖を体感できます。加えて2キロから4キロ、イージー・ハードとお好みに応じたコース設定が可能。名(ヌークシオ)より実(自然美)を取るなら断然おすすめ。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now