中本工務店 ソーシャルメディア:

  • Facebook Clean
  • Google+ Clean
  • Flickr Clean

© 2023 by Nakamoto Carpentry.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

ソルヴァラ(Solvalla)

 ヌークシオ最大の湖、ピトゥカヤルヴィ(Pitkäjärvi)の真ん中辺りの地名がソルヴァラ。昔からスポーツ施設が集中した場所として知られていましたが、2013年に自然センター「ハルティア(Haltia)」のオープンを機に、ハイキングコースの整備も進みました。ハルティアを起点とするコースも長短さまざまですが、手軽に壮大な景観を楽しめるマーヒセンキエロス(妖精の道)をご紹介。なぜここが「妖精」の道なのかは聞かないでください。

妖精の道

 

 エスポー駅から245番バスで20分ほど。バス停の名前はソルヴァラ(Solvalla)ですが、進行方向左手にそびえる木造建築が目印になるので、間違えることはないでしょう。誰かしら降りるのも、ほぼ間違いありません。

 ハイキングコースはバス通りを挟んで建物の反対側。駐車場の裏手から始まります。いくつかのコースがありますので、Maahisenkierrosという道標に従ってください。ものの数分も歩いただけで、奥深い森林に迷い込んだような感覚にとらわれます。

展望台から一望するピトゥカヤルヴィ
同地点から別方向を眺める
ハイキング開始

 全長約2キロの周遊コースは「ベビーカーを押して、あるいは車いすでも大丈夫なバリアフリー」と喧伝されていますが、実際には困難を伴う場所が数か所あります。しかし全般的にはよく整備された平坦な道が続き、数ある2キロコースとしては一番楽なはず。それなのに湖を一望する場所としては申し分なし。規定コースをたどると、帰りの700メートルくらいは単なる林道なので退屈するかもしれません。それならむしろ来た道を引き返し、ハルティアの湖畔にくだったほうがいいでしょう。レストランでの食事もできます。館内の展示物や展望台に上るなど、ここならバスの待ち時間も苦になりません。 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now