Herkkutatti

 

●和名 ヤマドリタケ (イグチ科ヤマドリタケ属)   

●学名 Boletus edulis

●生育環境 全国の針葉樹林(主にトウヒ)

●季節 7~9月

●食毒 ★ 

●特徴  

 フィンランド語名は herkku(おいしい)+tatti(イグチ)という意味。別ものにherkkusieni(おいしいキノコ)なんてのもまるが、まったくヒネリがありませんね。しかしその名の通りに食用可。それどころか、世界3大美味キノコの一つに数えられている逸品。 イタリア料理に多用されるポルチーノといえば、ピンとくる人も多いのでは? 生食も可とされているが、他種目と間違える恐れもあるし、味の点でも熱を通したほうがいい。

 

  幼菌(キノコの赤ちゃん時代)の傘は半球型。その後饅頭型(そのため、日本ではマンジュウタケと呼ぶ地方もある)。この写真はかなり生長が進んだもので傘は20センチくらいだが、30センチ近くになることもある。

 ヤマドリタケに代表されるイグチ科のキノコは管孔が特徴で、一部の例外を除いて傘の裏がスポンジ状になっている。そのため、個体名はわからなくても、少なくともイグチ(科)かそうでないかはわかる。で、フィンランドのイグチ科はだいたい食べられる(日本にはドクヤマドリ=有毒がある)。したがってスポンジ状のキノコはなんでもかんでも持ち帰ってOKといえる。  

 もっとも、毒性はなくても苦味が強くて食用には向かないものもあるので、採取後はもう一度図鑑などで確認する必要がある。また、柄に近い部分だけが管孔で、ヒダをあわせもつヒダハタケはイグチ目ではあるが猛毒。