ツリガネタケにも
似た外見の時期もある。

 Kantokääpä

 

●和名 ツガサルノコシカケ (サルノコシカケ科) 本文参照 

●学名 Fomitopsis pinicola

●生育環境 主に広葉樹の切り株、枯れ木、立ち木に寄生。ほぼ全国に生息。

●季節 通年(多年生)

●食毒 ★ 本文参照

 

この手のキノコを見て「あ、サルノコシカケですか」と聞く人は多い。
まあ、間違いではないにしてもサルノコシカケという名前の種はないし、そもそもの科名からして確定はしていない。アミヒラタケ科もしくはタマチョレイタケ科としたほうが良いという説があるし、本種をツガサルノコシカケ科に分類する学者もいる。コフキサルノコシカケなどはその名に反してマンネンタケ科に属すキノコだ。

な~んてことを言っても分かるわけはない(わかる人はそもそもそんな質問をしない)ので「あれはサルノコシカケですか?」と聞かれると、カワラタケはタマチョレイタケ科だったよなあ、などと現実逃避をしながらさて、どうしたものか、と解決策を探るのだが、本種はまごうことなきツガサルノコシカケ。科の分類はともかく、サルノコシカケの一種と言い切ることができるので一安心だ。

キノコ全般がそうであるように、ツガサルノコシカケも成長段階によって見た目が大きく変わる。幼菌の傘は平だが、次第に半球形、釣鐘状、扇形へ育つなかで段差が生じて瘤も出てくる。傘の色も橙、薄茶、褐色、ほぼ黒へと変わり、猿が座れそうな大きさになるころは中心部から淵にかけて黒~白のグラデーションを描く。そうなると他品種との違いがはっきりしてくるが、ツリガネタケ等と混同しかねない段階もある。

 

食毒の区分は★マーク。ただし、木の塊のようなものだから、煮込んだところでそのままが食べられるわけではない。乾燥させてから砕き、粉状にしたものを飲用するのである。コーヒー、紅茶などに混ぜてもよい。あるいはタバコのようにして吸ってもよい。その効用は内蔵浄化、免疫力強化、血行促進、アレルギー改善など。吸引すると頭痛に効くらしい。食用とはいえないが、かなりの薬効があるわけですね。

しかし、薬と毒の境界は微妙なので、とりあえずは知識として覚えておくにとどめたほうがよいでしょう。

本種のフィンランド語はKanto(切り株)のkääpä(サルノコシカケの一種)という意味。切り株に生えるサルノコシカケ、ってことだけど、サルノ・・はすべて切り株に生えるん(立ち木を含む)だから、それじゃあ他と区別つかないじゃん。

 

 

 

ツガサルの初期だと思うが、はて?